5-Digest-Friday – 2023年12月8日(金)

どーも、山形竜也です。

福岡県太宰府市で生活する山形の近況を、5つの項目にわけて紹介する5-Digest-Friday(ファイブ ダイジェスト フライデー)です。毎週お送りしています。

最近の楽しみは、ウメの写真で埋め尽くされた2024年のカレンダーを作ること。写真が多すぎて、なかなかピックアップできないのですが、このまったりした時間が何とも心地が良いです。相変わらず親バカです。

「ありがとうございます」より「ありがとう」- 5-Digest-Friday

1.うれしかったこと:コンビニで「ありがとう」

1. うれしかったこと:コンビニで「ありがとう」

外出先でのこと。お茶を買いにコンビニへ。レジの対応をしてくれたおばちゃん(敬意を込めて)が「ありがと〜」と言ってくれました。「ありがとうございます」ではなく。その瞬間、ふわっとハートがあたたかくなったのを感じました。感覚に意識を傾けると、小さい頃の駄菓子屋のおばちゃんを思い出しました。博多のビル街でふっと感じた懐かしさと癒しでした。

2.向き合ったこと:13個の未完了

2. 向き合ったこと:13個の未完了

一週間で13個のビリーフと未完了の感情に向き合いました。セルフセッションで。その1つは、とても強烈で、幼少期に本当に表現したかった感情を、むき出しにできたことが大きかったです。やりたかったのは、とにかく破壊。イメージの中で家庭を破壊し、それでは飽き足らず、地球を破壊。天の川銀河まで破壊し終わったところで、全ての感情を出し尽くしました。イメージとはいえ、人間にはそれくらいのエネルギーがあるのかもしれません。

3.ほっとしたこと:兄の退院

ほっとしたこと:兄の退院

10月初旬。精神疾患の持病がある兄は、薬の飲み合わせが良くなく、幻覚や幻聴に襲われて、夜中に博多駅で警察に保護され、そのまま入院をしていました。2度ほど面会に行きましたが、身体中むくんでいて、だいぶ弱っていました。一ヶ月で200錠近く薬を服用するため、肝臓の機能も弱っているみたいですね。でも今日、だいぶ元気になって退院できました。とりあえず、ほっとしました。

4.珍しいと思ったこと:たんぽぽ

4.珍しいと思ったこと:たんぽぽ

12月ですが福岡の日中は16℃くらいあります。ウメとの散歩道に、たんぽぽの綿毛がまだちらほら見えるんです。秋くらいまでは見かけますが、この時期に見るのは初めてなんじゃないかなぁ。あなたの地域では見かけますか?

5.話し合ったこと:母が亡くなった後のこと

5.話し合ったこと:母が亡くなった後のこと

兄が入院していたこともあり、ここ一ヶ月は母と話す機会も多かったです。母は74歳。元気です。でも、いつか聞こうと思っても聞けてなかった、母が亡くなった時にどうして欲しいかを、知ることができました。母もちょうど僕に話そうと思っていてみたいです。母は宗教の関係で、僕が知っている通夜や葬儀とは違います。なので突っ込んだ内容を母に聞いていたら、細いことは「うーん、わからん。調べとく」だって。知らんのかいっ!

最後まで読んでくれてありがとう。

山形